※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パドルの使い方として最も基本的な、前へ進むための漕ぎ方。フォワードと略される。

ブレードを前方、足先の真横辺りに入れ、水を掴んで胴の真横辺りまでゆっくり引き付ける。これを左右、ほぼ交互に漕ぐ。

初心者がまず習得する技術でありながら、中級者も様々な課題を残していることが多く、オリンピック選手クラスのパドラーにとっても新たな発見があるという、どこまでも奥の深い技術。

初めはまず直進することが難しい。多くのリバーカヤックは舟の底が平らで、直進性を助けるキールスケッグが備わっていない。河では岩などの障害物を素早くかわせるよう、旋回性を重視した舟の方が安全だからである。このため、舟の性能に頼って直進することはできない。

全く漕いだことのない初心者が、まず覚えるのはパドルを握った両手を交互に前に出して、カヤックの側面を漕ぐことである。通常、フェザーアングルが付いているので、左右のブレードが効率よく水を掴む(キャッチ)するように、手首を動かす(フェザリング)。

これが出来るようになったら次は、ブレードを完全に水没させて、ゆっくりと身体全体を使って漕ぐようにする。腕だけで漕ぐのではなく、身体のひねり、左右の足の踏み込みが大事になってくる。