※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ターンの一種。

ターンする向きとは逆リーンをかけることによってスターンを喰わせ、バウを浮き上がらせて行うターン。スターン付近が回転軸(ピボット)となる。技術的にはスターンカットと同様。

他のターンと較べて、回転半径が非常に小さい(というよりも、同じ場所に留まったまま、グルッと向きを変える技術)。その分、スピードはほぼ失われる。

トップレベルのスラローム選手のピボットターンは、観ていて惚れ惚れする。



逆にバウを喰わせて行うターンも、ピボットターンと呼ぶ。