※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Defensive Swimming
急流で、体を守りながら泳ぐこと。


仰向けに近い状態で、足を下流側に向け、両手でバランスを取る。流れに逆らって泳いでも体力の無駄なので、まずは身体を守ることに集中する。可能であれば、少しずつ岸に寄るようにしよう。

足は水面近くに浮かせていないとフットエントラップメントの危険性がある。


フェリーグライドと同じ原理で、自分の身体を使って川の流れに対しアングル角をつけることで、泳がずとも、徐々に岸へと寄っていくことができる。この技術はスローロープ等によって、レスキューされる場合にも非常に有効。

瀬が浅い場合には、お尻を打つかもしれないが、他の場所を打つよりはマシである。岩などにぶつかりそうな場合には両足で蹴っ飛ばして回避する。

流れの緩いところまできたら、アグレッシブスイミングに切り替えて、上陸する。