※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

川の流れに対して舟の長軸方向が成す角度。

フェリーグライドの際には、流れの強さによってアングルを調整する。このとき同時に、適切なリーンをかけていないと、ひっくり返る。

流れのスピードと、艇のスピードが等しい場合にはアングルを45度にとれば、下流にも上流にも流されず、川を真横に横切ることができる。


ただし、実際の川では流れに強弱があり、そう単純ではない。

ボートだけではなく、泳ぐときにもアングルは重要。特に自分がビクティムになったときには、スローロープに捕まりつつ適正なアングルを作るかどうかで、レスキューする側の労力が大きく違ってくる。

理系の人間はこの説明で、ベクトルの話をしたがる。