※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Draw Stroke
基本的ストロークの一つ。

最初に覚えるドローストロークは、艇がほぼ静止している状態で、体の真横にパドルを入れて、そのまま引きつける。横方向に移動でき、接岸時などに利用する。

また、艇がある程度スピードに乗っているときにも、同様のドローストロークを行うことができる。進行方向をキープしたまま、横移動可能。その移動距離は小さいが、2回ターンを行うよりも迅速に対応できるので、岩を頻繁に避けるようなコースでは役に立つ。

ターンのときにもドローストロークを用いる。ブレードの入れ方までは上と同様だが、そのままの位置でパドルをキープして、手元には引き寄せない。気持ちリーンをかけてると、パドルを入れた方向にターンしていく。回転半径は大きいが、スピードを落としたくない場合に用いるターン。(ドローしてないじゃないか?という気もするが、EJのビデオではドローと言っていた)

バウの横にドローストロークを入れることもある。この場合、体幹を捻り戻して、固定されたパドルにバウを近づけるようにする。スウィープの後にバウドローして、素早く小回りなターンをおこなうことができる。