※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロールの一種。

パドルが水を掴み始める時の体の形と、起き上がった時の形が、丁度Cの字と逆Cの字を描いているために、C to Cと呼ばれる。技術としては、ハイブレイスの延長線上にある。

手順がシンプルなため、最も覚えやすいロールと言われている。

空気混入率が高いホールや激しいホワイトウォーターでは、パドルが水をキャッチする瞬間を明確に感じられず、腰を返すタイミングを失い、ブレードが沈んでしまうことがあるため、他のロールの方が良いという意見もある。また、水のキャッチが直線的で短時間なため、修得の過程でパワーロールに陥りやすい。完璧なC to Cであれば問題は無い。

C to Cとスウィープロールを組み合わせたものが、ブレイスロール