※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Sculling
体の真横辺りでパドルを前後に往復させて、艇を横に移動させる漕ぎ方。

その際、ブレードの角度を変えて、常にパワーフェイスで水をキャッチする。また、体をできるだけ横に向ける、軸手は額の前に固定、軸手も同時にこねる、艇をフラットに保つなどがポイント。

原理は飛行機の翼やヘリのローターと同じ。

フォワードストロークスウィープストロークとは、ブレードの使い方が異なる。この2つが「櫂」(かい)で、スカーリングは和船の「櫓」(ろ)に通じる。そもそも「Scull」という単語は「櫓」という意味。