※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウェーブまたはホール上に留まって、舟をほぼ水平面上で回転させる技。

フリースタイルカヤック、最初の一歩。

ウェーブやホールでサーフィンしながら船体に当る流れの力を上手くコントロールすると、それを舟を回転させる力に変換することができる。この際、リーン、体の向き(視線)、パドルを刺す位置、およびそれらのタイミングが適切である必要がある。

スポットによっては、ほとんどリーンをかけなくともスピンができることがあり、その場合にはフラットスピンと呼ばれる。

ホール(又はウェーブ)の形状やその日のコンディションによって右回転しかできなかったり、左回転しかできなかったりすることがある。ただ、中上級者が「ここは右だ」と判断しても一部の超上級者は「こうすれば左スピンも可能」と判断が分かれることも多い。