※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

通常漕ぐ側とは逆側のブレードを使って漕ぐ技術。

たとえば右ブレードを左側に入れておこなう。すると両腕がクロスする形になる。

シングルパドルで漕ぐカヌーの場合、持ち替えないで両側を漕ぐことがあり、特に競技系やWW系カヌー(C-1OC-1等)ではクロスストロークが頻繁に用いられる。

ダブルパドルを用いるカヤックの場合には、多用することはないが、フォニックスモンキーなど、この技術を必須とする技もある。