※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

瀞場を下るときに観光客にアピールしながらするもの。

バウを水中に沈めて舟を立たせた状態で安定させること。略称はバウステ。英語では、バウストール(Bow stall)と呼ぶのが普通のようだ。

バウステの際、乗り手は前のめりの姿勢になり、前方に投げ出した両腕と、完全に水中に入れたパドルで微妙なバランスを取る。両足の踏み込み、前傾の具合も微妙に調節する。アゴを上下させるくらいの微妙な変化で、艇の立つ角度も変わってくる。

バウステに持ち込むには、漕ぎながら前荷重していく方法(プロウイングエンダー)と、ダブルポンプによる方法がある。

最初は1秒もキープできないが、5〜10秒の壁を越えれば、1分以上のバウステもすぐ出来るようになる。