※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Strainer
川において危険な障害物の一つ。

水は通すが、カヤックや人は通さないもの。
直訳すると、濾過器・濾し器・ザル。
とにかく近寄らないこと。

例えば、木や竹が川に倒れ込んでいたりすると、ストレーナーになる。カーブのアウトサイドにあることが多く、初心者は吸い寄せられる。



ある程度腕が上がっても、増水時に新たにできるストレーナーは、やはり危険。また、ストレーナーが完全に水中に潜っていると、気づきにくい。

最もよく人を殺しているのは、おそらくテトラポッド。浸食を防ぐためのものなので、本流が岸に当たるところに置いてあることが多く、これも吸い寄せられやすい。かつ、カヤックが丁度吸い込まれる程度の隙間が空いているため、タチが悪い。

漁労施設、河川工事現場におけるヒューム管などの人工構造物もストレーナーになる。

上流域で見られる、シーブもストレーナーの一種。