ロシア語

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・スラブ語派の言語の一つであり、Interstenoのラスボスである。使用文字はキリル文字。

・通常の配列とニーモニック(フォネティック)配列がある。
ニーモニック配列とは、ラテン文字キーボード(Qwerty)と対応するアルファベットの位置に、キリル文字のキーが配置されている配列である。ただし、キリル文字のB,C,P,Hはそれぞれラテン文字におけるB,S,R,Nに相当するなど、混乱しやすい点もあるため注意が必要である。また通常の配列と異なり、щやч、эなどは2打鍵を要する。

・他の配列として、paraphrohnさんの「超インテルステノロシア語配列」がある。
これはラテン文字と似た形をしているキリル文字(bとв、rとяなど)をそれぞれ対応するQwertyキーボードの位置に配置したもので、paraphrohnさんはこの配列を用いてわずか3時間でインテルステノの合格レベルに到達している(配布ページはこちら)。
人によってどの文字が「似ている」と感じるかには個人差があるので、paraphrohnさんの配列を参考にしつつ自分が覚えやすいように配列を自作するのがよいかもしれない。

・typeracerのロシア語ではごくまれに、ラテン文字のまま翻訳されていない場合がある(U2 と 's が確認されている)。そうした文字列を入力する際には、ラテン文字の配列に切り替えて入力しなければならない。

・ёは本来eと別の文字とされているものの、新聞など多くの場面ではeで代用される。

 

添付ファイル