ルーマニア語

  • ロマンス語派(イタリック語派)の言語の一つ。使用文字はラテン文字。
     
  • ダイアクリティカルマークとして、サーカムフレックス(âî)の他にブレーヴェ(ă)などが使用される。
  • ルーマニア語の特筆すべき点として、下コンマつき文字(șț)の使用が挙げられる。これらは厳密にはセディーユ(şţ)と は異なる記号であるが、コンピューター上では長い間、セディーユ付きの文字で代用されてきた歴史がある。近年、徐々にセディーユから下コンマへと置き換え られつつあるが(たとえばWikipediaでは2010年にすべて下コンマ付き文字に置き換えられた)、Interstenoでは他国のタイピストへの 配慮からか、今でもセディーユ付き文字であるşţが継続して使われている。そのため、Interstenoでは下コンマ付き文字で入力するとミス扱いとなってしまうので注意が必要である(2015年時点)。
  • typeracerもInterstenoと同様にセディーユ付き文字が使われている一方、10fastfingersでは下コンマ付き文字が使用されている。
     
  • ルーマニア語の標準キーボードはQWERTY配列となっているが、こちらは下コンマ付き文字で出力されてしまうためInterstenoでは使用することができない。セディーユ付き文字としてşとţを出力するためには、レガシ配列(QWERTZ)を使用する必要がある。
     
  • 音が簡略された箇所にはハイフンが置かれる。


添付ファイル