SF百科図鑑 母系Motherlines


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<奴隷と自由人・第二部>

母系計画Motherlines スージー・マッキー・チャーナス


プロローグ


アルデラは緊張して川辺にうずくまり、軟泥の上をなにものかが通った跡を見つめていた。このあたりは水深が浅いので、なにかが向こう岸に渡ったのだ。いや、通ったものは二つだ──二つの行跡が一度離れたあと、ふたたび近づいている。

故郷を逃げ出してから何ヶ月ものあいだ、生き物を見ていなかったし、見たいとも思わなかった──荒れ果てた故国に伝説がゆき渡る、あの怪物ならば話は別だが。とはいえその存在を本気で信じているわけではない。おそるおそる、肩越しに後ろを振り返る。

(以下次号)