SF百科図鑑 マイクル・スワンウィック「ロボットの憂鬱」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2001年

6/8

スワンウィック「ロボットの憂鬱」★★★★
既にケリーと並んで21世紀SFの短編の名手の地位を確立した感のあるスワンウィックのアシモフ誌読者賞受賞作。バーでの対話の中で宇宙の熱死まで思いを馳せるという、「コントによる宇宙法螺話」の軽妙なスタイルでよくまとまった小品となっている。最高作とはいえないが、一定の水準の佳作といえるだろう。