SF百科図鑑 アレン・スティール「ヒンデンブルグ号、炎上せず」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2001年

6/8


スティール「ヒンデンブルグ号、炎上せず」★★★★
歴史改変小説の王道です。あまりにもオーソドックスすぎて逆に戸惑ってしまいます。ヒンデンブルグ号爆発前の状態のディテールを調査するためUFOに似た航時機でヒンデンブルグ号に乗り込んだ未来人が、同号の爆発の遅れのため異なる時間線の1990年代に遭難する話。よくまとまった娯楽作品ですが、アイデア的にもストーリー的にも特に新味はありません。普通の時間SFです。ヒューゴー賞はやはりこういう流行もののひねりのないオーソドックスなものが強いようですね。同じ飛行船をネタにしたものでも20年前のライバー「あの飛行船をつかまえろ」のほうが遥かに斬新な感じがします。解説者も書いているように90年代後半のSFはやはり懐古ムードが蔓延しているようですね。

さて、この後、同じスティールの「キャプテンフューチャーの死」とシェフィールド「わが心のジョージア」、ケリ-「少年の秋」といきます。90年代中短編部門はスティールとケリ-、結構活躍しています(ネビュラの方でも暴れてますし)。