SF百科図鑑 藤原伊織『テロリストのパラソル』講談社文庫


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1999年

10/22
「テロリストのパラソル」読み終える、面白し。



データベースより
絶品だ。掛け値無しの名作。主人公の造型良し。脇役キャラの造型良し。無駄な人物が一人もなく、一人一人が生き生きとして個性がある。淡々としてノスタルジックな雰囲気といい、輻輳するストーリー展開、謎解きの面白さ、結末の付け方の巧さ(最終的には、定石的な犯行動機に落ち着くのだが、この極めて個人的な犯行動機と、テロリズムとのコントラストが実に鮮やかである)といい、ほとんど完璧。ただ、題材が特殊なだけに、より日常的な素材を用いてこれほどの作品を新たに書けるかどうかが作者の今後の課題だろう。