SF百科図鑑 イアン・ワトスン『オルガスマシン』コアマガジン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

September 27, 2005

イアン・ワトスン『オルガスマシン』コアマガジン

完全版が日本でしか出ていないというワトスン幻の処女長篇
結論から言うと、面白くなかった。
内容がやばいとか過激すぎて英語ではどこも出していないとか、巻末で大森氏が煽っているが、この出来では、過激だから断られたんじゃなくて、単につまらないからじゃないのかと思う。
とにかく前半の、セックスの道具用に遺伝子操作か何かで作られた女たちの「性の道具」ぶりの描写が、冗長でつまらない。いまどきこの程度では、さして過激と思われないし、ポルノグラフィと考えても描写が即物的なので、大して扇情的ではない。ポルノ目当てならこんなのを読むより、エロサイトでも漁ったほうがよっぽど充実する。
ストーリーも、その女たちが目覚めて立ち上がり、革命を起こし、いったん失敗するが、最終的には勝つという一本調子な革命もので、陳腐極まりない。
幻の貴重な作品だからといって面白いとは限らないというのが、よくわかった本だった。
ただ、挿絵のヌードの女性はエロティックでなかなかいい。この絵のおかげで5割増しに見えるが、所詮内容がつまらないので評価は上げようがない。
あと、翻訳は、ラノベ調の「&&っ」を連発するので悪名高い大島氏。たまたま本書の内容と合っているからいいようなものの、やはり気になった。その点もマイナスポイントだ。
テーマ性 ★★★★
奇想性  ★★
物語性  ★
一般性  ★★★
平均   2.5
文体   ★
意外な結末★
感情移入 ★
主観評価 ★1/2(15/50)
文体
silvering at 23:15 │Comments(0)読書