SF百科図鑑 エリザベス・A・リン『冬の狼』ハヤカワ文庫FT


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

September 09, 2005

エリザベス・A・リン『冬の狼』ハヤカワ文庫FT3

世界幻想文学大賞、アラン史略1巻
ヒロイックファンタシイ。領主同士が戦う架空の中世的世界で活躍する兵士アランを主人公とする時代劇的なストーリーだった。野口氏の訳文も時代物的な味が出ていていい。キャラ設定もいいし、ストーリーにもたるみがなく、物語の基本に忠実な手堅い作品。万人受けしそうな分、熱狂はできないのだが。

テーマ性  ★★
奇想性   ★★
物語性   ★★★★★
一般性   ★★★
平均    3
文体    ★★★★
意外な結末 ★★
感情移入  ★★★
主観評価  ★★1/2(29/50)

silvering at 01:38 │Comments(0)読書