SF百科図鑑 キャサリン・マクリーン「失踪した男」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2001年

8/31
マクリーン「失踪した男」★★★★★
未来都市の超能力ハードボイルド小説。キャラクター設定もよいし、舞台設定もよいし、ストーリーもうまいしアイデアもよい。こんな中堅作家でもこれだけの作品を残しているんだから60、70年代は充実していた。大人向けのバランスの取れたエンタテインメント小説と言える。ファンタジーとサイバーパンクとスリップストリームに汚染されてバランスを失った最近の作品にくらべると、昔はよかったなぁ、と老人のようにため息つかざるを得ない。