SF百科図鑑 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「たったひとつの冴えたやりかた」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2000年


11/15
ティプトリー「たったひとつの冴えたやりかた」★★★★★
うーむ何もいえません。さすがに名作ですな、星雲賞とるだけあって。のせられてるとは思いながら最後まで読まされてしまう。しかもただストーリーがいいだけではなく、頭に寄生するエイリアンというエグいねたでこれをやるところにティプトリーらしさがあり、この作の評価が高いのはその点もあるだろう。