※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まだ汗もひかぬ私の髪にそっと触れ、彼は私の声を評してこう述べた。
まるで子猫が唸るようだ、と。
 
彼にとって、私はそのとおり、子猫のような存在だったのだろう。

何もかも光に溶けるようなステージの上、
音の洪水にあらがうように声を張り上げる、
そんな私を、彼は雨の中から救い上げたように感じているのかも知れない。
暗い観客席の果てから腕を伸ばして。

掌の大きな人だった。
私が、彼の煙草の匂いが染み付いたジャケットに頭を埋めると、その掌で
後ろ頭をすっぽりと包んでくれた。
その温もりが全てだと思う夜も確かにあった。
 
 
首筋、肩、頬、
汗で滑る肌をなぞり、彼は呟いた。
 
「君、まだ歌うの辞めないんだね」
「来てたの?」
 
バンドのメンバーはもう先に帰っていた。
演奏が終わった後に、一人残ってぼんやりとするのが私の癖だった。

人気のない裏口の隅、非常灯の緑の光がリノリウムの床を染めあげ、
耳にはドラムの低音が絶えず響く。
彼は親指で私の頬をそっとなぜた。
 
「あんな、苦しそうな歌い方するから、俺が困るんだよ」
 
どうして、と唇が震えかけたが、なんとなくそのまま口を閉じてしまった。
目元までかかる前髪を摘むその指先が、視界に大きく写り、
それから先のことは覚えていない。
 
今思えば、彼は私の歌が嫌いだったのかも知れない。
 
 
雨に煙る紫陽花の、紙細工のような色彩が、窓ガラスを透けて私の肌に映っていく。
あか、あお、入り交り、とても花とは言えない色彩で。

雨粒の伝うのを白い指先で辿る。
 
「何みてるの」
 
煙草の匂い、堅い胸板が私の肩に合わさる。
背後に弱く熱の固まりを感じる。
 
「居たの?」
 
窓ガラスを伝う私の指先を大きな掌で包み込むと、
彼は私の手首を裏返し、そこに映る赤をじっと見つめた。
私は庭から目を離さないでいた。
 
「紫陽花か」
 
彼が私の手首を撫でている。
優しいその動きはそのままに、声は重く暗い。
 
「赤色、青色、綺麗に混ざって不思議」
 
私はそう呟きながら、後ろを振り返って、彼を仰ぎみた。
その横顔は、実に静かだった。
 
「紫陽花は綺麗だけど、枯れた後が難だね。茶色の汚いのが青々とした葉に
  ぶらさがって、その対比が気持ち悪くてたまらない」
 
貴方は赤と青、どちらが好きなの。
 
そう彼に尋ねようとした、
その矢先に彼が私の手首の紅い痣を親指でぐっと押した。
 
「君は、青が足りないね」
 
 
 

一つの儀式のように思えたから、それも彼の愛情なのだ、と思っていた。
あるいは、あか、あお、真逆のものなのか。

今思えば、彼と私は良く似ていたのかも知れない。

風に巻かれて暴れているような音符の中、
彼が嫌いなこの声で、私はまたステージの上、唸るように歌う。
 
光が溢れるステージからは、暗闇に沈む客席は夜の海のようで、
彼がこの場に居るのかさえ分からない。
 
それでも声を張り上げる。
消えそうになる度に新しく傷つける、彼が残した赤と青はキャミソールの下、
紫陽花、今頃消えているだろうか。
 
彼にこの歌は届くだろうか。