SF百科図鑑 シオドア・スタージョン『きみの血を』ハヤカワ文庫NV


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

September 08, 2005

シオドア・スタージョン『きみの血を』ハヤカワ文庫NV3

吸血鬼もの
&&というか、吸血鬼を素材にした叙述トリックミステリ+サイコサスペンス+メタフィクションといった感じの変り種。さまざまな手記、手紙、精神分析のメモといった資料を「著者が読者に語りかける外枠のメタフィクション的部分」が包むという構成が面白い。とはいえ、中に入っている吸血に性的快感を見出す変態男の話はとりたてて面白くも怖くもない。構成の妙に多くを負っている佳作どまりの作品といえる。
テーマ性   ★★
奇想s性   ★★★★
物語性    ★★★
一般性    ★★★
平均     3
文体     ★★★★
意外な結末  ★★★
感情移入   ★★
主観評価   ★★★(31/50)
silvering at 01:41 │Comments(0)読書