※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

貴方は覚えてますか。


桜が舞う季節のことを――――


 【覚えてますか?】


 「望美さん?どうかしたんですか」

 「・・・・え。あぁ・・ごめんなさい。ぼーっとしちゃって」


柔らかな声に振り向くと、弁慶さんは笑みを浮かべて言った。


 「僕と一緒にいるというのに。別の人のことを考えていたなんて、妬けてしまいますね」



いつもこんな調子で。本心なんて見抜かせない。


 「そ、そんな!!ただ・・・今、この瞬間が永遠に続けばいいのに、と思って」


悲しい事実を思い出したくないから。私は眼を伏せて言う。


 「ふふ、可愛い人ですね。・・・でも、そんな顔をして言うような言葉じゃありませんね」


過去に彼が犯した過ちを。死という、その結末を。それを変えるために私はここにいる。


―――運命を捻じ曲げて。


 「・・・弁慶さんは何でもお見通し、なんですね。私は・・・弁慶さんのこと、何にも分からないのに」


少し拗ねたようにつぶやく。

私が弁慶さんの本心を見抜けていたら。あんな結末にはならなかったかもしれない。


 「見てください。桜が綺麗ですよ」


私の言葉には触れずに、弁慶さんは桜の枝に手を伸ばす。

そして、その枝を手折り、私の髪に挿してくれる。


 「思った通りです。君にはこの花が似合いますね」

 「弁慶さん?」


弁慶さんは私の髪に触れたまま、言葉を続ける。


 「・・・・実は、僕も同じことを思っていました」

 「君は純粋で真っ直ぐな女性です。だから。その眼に見つめられるのが怖いんです。僕の何もかもを見透かされているようで。僕のことを知ったら、君はきっと幻滅してしまうでしょう」

 「そんなことありません!!私は弁慶さんのことを信じて・・・っ」

 「それ以上は言わないでください。僕は君にそんな風に思われていい人間じゃありませんから」


優しい腕の中に引き込まれて。私は思わず言葉を飲み込んでしまった。


 「今の君の顔が見れないのが残念だな」


弁慶さんは悪戯っぽく私の耳に囁いた。そして、ふと真剣な声になり、言った。


 「君はいつか元の時代へ帰ってしまう。君が掴めそうで掴めない女性だと分かって いながらも、君の事を知りたいと思うこの気持ちは罪なのでしょうか」


そんなことない、罪なんかじゃない、と叫びたかったけれど。

声にはならずに、ただ首を振ることしか出来なかった。


 「・・・いや。きっと、僕の存在自体が罪なんでしょうね・・・」


ボソッとつぶやいた言葉。


 「え?弁慶さん、よく聞こえなかったんですけど・・・」


すると、弁慶さんはいつもの調子で言った。きっと、微笑んで。


 「いいんです。いずれ分かることですから。それより、もうしばらくこのままでいさせてもらってもいいですか?」

 「はい―――」


私は弁慶さんの言う、先の運命を知っている。だから、二度と同じ過ちは繰り返さない。


愛おしい人の最期のときをもう1度なんて見たくはないから。

この幸福な時間を噛み締めて。心に絡まる景色に眼を閉じて。

さよなら、と言えた時に・・・未来は動き出す。

見えない未来で。

花びらが舞い散る頃のことを。

貴方は覚えてますか。



・・・はい、千都瀬様からお願いしていただいたSS第一作目。私の配布しているお題を使ってくださっているようで(感涙)

べ、弁慶さんが・・・っ!!(ぶしゅううううううう/ぇ)

千都瀬様、有難う御座いました☆