bayashidayo @Wiki wired-cum-wireless scenarios

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

wired-cum-wireless scenarios


今までに説明されたMNは、マルチホップのAd-hocネットワークか無線LANのシミ
ュレーションを主にサポートする。しかし、複数の無線LANを有線ノードを経由
して接続するトポロジーをシミュレーションする必要があればよい、または無線
ノード上でMIPを動作させるにはどうなるだろうか?。CMUの無線モデルで作られ
た拡張の利用を許す。

有線兼無線シナリオの向かい合う主な問題はルーティングです。nsではルーティ
ング情報はトポロジーの接続性を基に生み出される、つまりノードがどのように
他のあるLinksを経由するかです。MNはリンクにおいて、他の方法のコンセプト
を持たない。無線環境で利用するルーティングプロトコルはルートパケット自身
の中にありますその2種類のノードの間で拡張をするにはパケットをどうしたら
よいのでしょうか?。

ノードが無線有線ドメインのゲートウェイの役割をするとき、BaseStationNode
の作成を宣言する。BaseStationNodeは基本的には、階層ノード16.1(HierNode)
とMobileNodeの間です。ベースステーションノードは、中や外の無線ドメインの
配送パケットに応答します。階層ルーティングの要求を達成する必要がある。

それぞれのドメインはベースステーションに沿ってユニークなドメインアドレス
をそれに割り当てたい。無線ノード行きの全てのパケットは、結局はパケットを
目的地に渡すことで無線ノードの接続しているドメインのベースステーションに
到達するだろう。MNのルートパケットはベースステーションノードの外側の無線
ドメインに向かう。ベースステーションは有線の目的地へパケットを転送する方
法を知っている。

Figure 16.3: Schematic of a baseStationNode basestation


wired-cum-wirelessシナリオのMNは階層型アドレスとルーティングが必要です。
MNは完全にBaseStationNodeのように見えます。しかしながら、SRノードは自身
のhier-addressを持っていても単純に、どのdemuxesアドレスも要求しないし、
高いルーティング16.2をサポートする必要としない必要がある。

もし、目的地がサブネットの外側なら、DSDVエージェント内で転送パケットをチ
ェックして監視する。だとすれば、ベースステーションへのパケット転送を試み
る。ベースステーションへのルートが無い場合、パケットロスが発生する。他の
方法として、パケットを次のホップのベースステーションの方へ転送する。ベー
スステーションのclassifiersにより、有線ネットワークの方に転送する。

外部のサブネットに向かうパケットを受信したDSRエージェントは、ベースステ
ーションへのルートを知らない場合、ベースステーションにルートリクエストを
送信する。データパケットはベースステーションからのルート応答を待っている
間、一時的に記憶される。応答を受け取ると、パケットはヘッダ内のルーティン
グ情報と共にベースステーションの方へ送信される。ベースステーションのアド
レスのdemuxesルートは、現在有線ネットワークに向いている。

wired-cum-wirelessシミュレーションの例は
tcl/ex/wired-cum-wireless-sim.tclで見ることができる。wired-cum-wireless
を実装したメソッドはtcl/lib/ns-bsnode.tcl, tcl/mobility/{com.tcl,dsr.tcl,
dsdv.tcl}, dsdv/dsdv.{cc,h} とdsr/dsragent.{cc,h}で定義される。