bayashidayo @Wiki Extensions made to CMU's wireless model

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

先に述べたように、オリジナルのCMUの無線モデルは、無線LANとAd-hocのシミュ
レーションを許します。しかしながら、CMUのモデルの拡張をある程度追加し、
無線有線両方を持つノードを利用したシミュレーションに、無線モデルを利用す
る依頼がある。これをwired-cum-wirelessの特徴と言う。また、SUNのMIPは、
MIPを無線MNの上で動作させるために無線モデルと統合を行う。無線モデルへの
二つの拡張は以下の二つのサブセクションで説明される。