bayashidayo @Wiki The basic wireless model in ns

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The basic wireless model in ns


この無線モデルは本質的にはMNを中心に成り立ち、その上さらなる特徴として、
マルチホップAd-hocネットワークや無線ネットワークなどのシミュレーションを
許す。MNもオブジェクトは分割オブジェクトです。C++の
MobileNode../ns-2/mobilenode.hはNode../ns-2/node.hに由来する。 Nodeの詳
細はチャプター5を参照。したがってMNは与えられたトポロジー内を動く能力、
無線チャンネルから信号を受信し送信する能力のような、無線とMNの機能を付加
した標準的な Nodeオブジェクトです。もっとも、これらの間のメジャーな違い
は、 MNは他のnodeかmobilenodeにLinksする手段によって接続されないことです。
このセクションでは、MNの内部の、ルーティングメカニズム、AODV,DSDV,TORAや
DSRのルーティングプロトコル、MNにおいてチャネルアクセスを許可するネット
ワークスタックの作成、それぞれのスタック構成の簡単な記述、トレースのサポ
ートと、無線シミュレーションの移動/トラフィックシナリオの作成を説明する
でしょう。