bayashidayo @Wiki MobileIP

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MobileIP


無線MobileIPサポートのための無線モデルの舗装された経路のための有線無線混在の拡張です。
SunのMobileIPモデル(NodeとLinkからなる)はnsの有線モデルに基づき、このようなCMUの移動モデルは利用しない。

ここで簡潔にMobileIPの実装を説明する。我々は今後、sunが概要の文章を提供するかもしれないことを望む。

MobileIPシナリオはHomeAgent(HA)とForeginAgent(FA)とHAとFAの間を移動するMobileHost(MH)から成り立つ。
HAとFAは、基本的にbaseStationノードで先に説明する。
MHの場合は、section 16.1.1で基本的なMobileNodeとして紹介している。
MobileIPの拡張のための手続きやメソッドはmip.{cc,h}, mip-reg.cc, tcl/lib/ns-mip.tclやtcl/lib/ns-wireless-mip.tclで説明する。


Figure 16.4: Schematic of a Wireless MobileIP BaseStation Node wireless-mip

HAとFAはMobileNode/MIPBSのよう定義され、MobileNodeに信号を発信し、カプセル化をセットし、
MHからの要求に応答する、登録エージェント(regagent_)を持っている。
MHは、regagent_の信号を受信し応答し、HAかFAに要求を行う機能を持つときにMobileNode/MIPMHのように定義される。
Figure 16.4はMobileNode/MIPBSノードの概要を表している。
MobileNode/MIPMHノードはどのカプセル化も持たないことを除いて、とてもよく似ている。
MHのSRNodeバージョンのように階層型の構成やRAエージェントはノードのエントリーポイントの形成を持たない。
SRNodeんpモデルはFigure 16.2を参照。

MobileNode/MIPBSノードは規定どおりにMHに信号をブロードキャストするか広告メッセージを送る。
MNが発生させた要求は要求されたMHに直接送信される。baseStationの送信する信号のアドレスを、MHがMHの利用するCoAとして聞いている。
そのため、MHが元のドメインから外部に移動するとCoAは変わる。
MHからのreg_requestを受信したら、baseStationはHAからのMH行きかチェックする。
もし違ったら、MHのHAのreg_requestに従ってカプセル化の解法と転送を設置する。


baseStationは、MHが要求するためのHAであるがCoAが一致しない場合、reg_requestを転送するためのカプセル化を宣言し、
reg-request-replyを送信しCoA(FAのアドレス)を返す。
現在、MHの代わりのCoAを目指して、IPinIPヘッダとIPパケットヘッダでカプセル化できるなら、
現在、HAに隣接するMHを目指している全てのパケットがカプセル化されてトンネルを通過するかもしれない。
FAが受信したこのパケットのカプセル化を解き、カプセル化を取り払いMHに転送する。


もしCoAがHAと一致するなら、セットされたかもしれない(FAに接続している時に)カプセル化を取り払い、
MHが本来のドメインに戻っているかのように、直接MHに応答を返す送信を行う。

もし、baseStationからのどのアドレスも聞こえないなら、MHは要求を送信する。
受信したアドレスで、HAやFAのアドレスから聞いたアドレスにCoAを変更するためにCoAと登録要求の返答を返す(reg-request)。
初めに、HAの通信範囲内にいるであろうMHは、この場合、HAがCoAであるので全てのパケットを直接受信する。
いつか、MHがHAの通信範囲の外部に移動し、FAの外部ドメインに入ると、MHはCoAをHAかFAに変更する。
そうするとHAは全てのMHを目指すパケットを、カプセル化とFAへ向けてトンネルを行う設定を行う。
FAはカプセル化を解き、MHへパケットを渡す。MHからのデータは有線を目指し、いつも現在のCoAに従ってルーティングされる。
無線MobileIPのための例となるスクリプトはtcl/ex/wireless-mip-test.tclで見ることができる。
このシミュレーションはMHがHAとFAの間を移動します。それぞれの無線ドメイン内のHAとFAはそれぞれ有線ドメインの接続されている。
TCPのフローはMHと有線ノードの間です。