|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

イメンマハの惨劇

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イメンマハでかつておきたポウォールによって引き起こされた事件。

惨劇の始まり

それはポウォールがコイルダンジョンから急に出現したことから始まった。まず被害を受けたのはイメンマハ北側にあった領主の城であり多くの軍人が犠牲となった。また当時領主になったばかりのリアンも負傷している。さらにポウォールは南側へも進行し平穏なサーオィンの夕方であったことから何も気づいていなかった多くの市民を無惨にも惨殺している。近衛隊と聖騎士隊が後を追って出動したが、近衛隊は強大なポウォールと渡り合う実力がないものばかりであり、さらに聖騎士隊の出動が遅れたこともあって大きな被害を受けている。

事態の収拾

しかしながら事件がおきてから数時間後に近衛隊と聖騎士隊が連携しあい、夜中にはポウォールをコイルダンジョンへと追い払うことに成功している。魔法学者たちを集めてコイルダンジョンを調査したが、ポウォールが一体どうやってイメンマハに進行してきたかは結局分からず、いつでもこのイメンマハに進行することができるという事実が分かった。

惨劇のその後

その為負傷したリアンに変わって、領主代行にであるエスラスは近衛隊の大幅な戦力強化、さらにパラディン騎士団をライミラク教から領主直轄組織として何かあった時にはすぐ対応できるように先頭部隊として強化するなど、イメンマハの防衛は大きく形を変えることとなった。さらにエスラスは負傷者に対する無償治療と税金の支援、燃え崩された建物の再建計画と補修計画、以降の進行に備えての防衛施設の追加、市民に対する手厚い保証などを指揮したために素早い事態の収拾を成し遂げた。
サイト内検索

TOP






■更新履歴
取得中です。