|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

エスラス

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イメンマハ領主代行であるドルイド
領主であるリアンの代わりにイメンマハの統治をしている。前代領主の時から仕えているため、前代領主の息子であるルエリとも知り合いである。

エスラスという人

イメンマハの惨劇により前代領主が亡くなってリアンが新たに領主となった時に領主代行となったエスラスは、その手腕を発揮し、イメンマハの惨劇による事態の収拾を導き、その後のイメンマハの発展に尽くした。その成果がかつてないほどの裕福さにつながったため、イメンマハの住民はエスラスに絶対の信頼を置いている。
しかしこれは表向きの顔であり、この惨劇を引き起こした張本人はエスラスであった。前代領主もこの事件前に毒殺されており、さらに惨劇によって死亡したリアンをドルイド達の間では禁術とされているネクロマンシーの力で操り人形としていた。

G2

パラディン騎士団?を使ってバリダンジョンの金鉱を掘らせタルバタスに必要な金を補給させ、さらにエイルリフ王国全体で他の領主より強い影響力を持つ工作をしている。タルバタスを復活させ、古代の知恵の力で全エリンを統治しようとしたが、光の騎士として目覚めたプレーヤーによりその野望は崩れることとなる。

関連用語
ケオ島 ゴーレム グレッグ リダイア
サイト内検索

TOP






■更新履歴
取得中です。