|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

深町

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【日時】2005年12月22日(木)
【場所】東京都中央区京橋2-5-2 深町(てんぷら)
【参加者】2875,2816 
【値段】特製かき揚天丼 2100円
【結果(5点満点)】お店の雰囲気 :★★★★
          コストパフフォーマンス:★★★  
                  味                    :★★★★

【行動記録】12時に到着。予約をしておいたのでスムーズに入店。店内はカウンター席とテーブル席が数席のみのコンパクトな造り。白木のカウンターに着席し、目の前でかき揚げが仕上がるのをしばし待つ。寡黙なご主人が旬の素材を見事な技で揚げてくれます。あの「山の上ホテル」で修行されたというから折り紙付き。ほかほかご飯の上にかき揚げ、さらにアスパラ丸々一本のてんぷらが載り、特製のたれをたっぷりかけて出来上がり~
揚げたてをほおばりながら、かき揚げの具を確認。えび、かに、ホタテ、舞茸、くわい、ぜんまい、、、具沢山のさくさくかき揚げに感動。具の一つ一つが上質の素材。細やかな下処理がされています。しじみの赤だしと、香物、さらにデザート(抹茶アイス)付き。さっぱりとした抹茶アイスは当然別腹~幸せな気分で退店。着席してからお店を出るまで、暖かいほうじ茶をこまめに注いでくれるのも嬉しい心遣い。

【感想】天丼、さらにしっかりした量にもかかわらず、もたれません。かき揚げの具は季節毎に変わるので、毎シーズン行きたいお店。ランチ2000円超はかなり奮発ですが、コースだとお昼でも5千円からという高級店なので、十分価値あり。いつの日か、コースをビールやワインとともに頂きたいものです。

更新履歴

取得中です。