|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ハリドワール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【日時】2005年12月14日(水)
【場所】東京都中央区銀座5-9-5 田創館2F  インド料理 ハリドワール
【参加者】2858、社外アドバイザー数名
【値段】セット 2600円、チーズクルチャ 630円
【結果(5点満点)】お店の雰囲気     :★★★
           コストパフフォーマンス:★★★★  
                  味                    :★★★★★

【行動記録】ヒンズー語で「神の門」を意味するハリドワール。銀座にある為、社から遠く、昼食で行くのは困難と考えられる。お店の入り口は、インドの置物や飾りが施してあり、2階へ上がる階段が見付けにくいという事はないだろう。当日は7時過ぎに入店したが、客はほとんどおらず、自由に席が選べた(その後八時を過ぎる頃になると、待つ人が出てきたが)。店内はインドっぽく飾り付けられているが、中途半端な印象。インドの食堂のように、思いっきりフツーな感じにするか、いっそバーのような照明効果と内装を狙ったほうが良いかと思う、銀座だし。料理はかなりリーズナブルな値段設定で、店員も大変腰が低く丁寧で、かなり印象は良い。

【感想】一言で言うと、かなり ( ゚Д゚)ウマー です。特にカレー類とナン類のウマさは抜群です。普通のナンもバターで焼いてあり、モチモチしていて、美味しいと評判のトルコのパンに勝るとも劣らない食感でした。しかし、特に美味しいのがチーズクルチャというナンです。小さめのナンの中にチーズを入れ、ニンニクのと共に焼いた(ニンニクで溶かしたチーズをナンの中に入れて焼くのかも)ものなのですが、ナンのモチモチ、チーズのとろみ、そしてニンニクの香りが絶妙で思わず「ウママ~イ!」と叫ばずにはいられません。カレーはバターチキンカレーやラムカレー(名前は失念しました)を食べました。バターチキンカレーは、バターとカレーのコクが融合して、大変な美味でした。辛くはないのですが、インドカレー特有の香りが香ばしかったです。ラムカレーは、ラム特有の香りがあるのですが、カレーと香料によって押さえ込まれてあり、すごく苦手という人でなければ食べられると思います。私個人的にはラムは大丈夫ですので、香りが抑えられている分、食べやすかったです。肉はじっくり煮てあるのか大変やわらかく、上等の牛肉のようでした(ヒンズーは牛は食べられませんが)。当初、量に関して心配していましたが、食べていくうちにあっという間にお腹 イパ~イ ヽ(゚∀゚)ノ になりますた。今日はがっつし食うぞ、という男性も安心だと思います。ここは是非、行ってもらいたいお店だと思います。

更新履歴

取得中です。