死のルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 人はいつどこでどうやって死ぬのかが決まっている

  • 死には法則性がある。(座席の順番や死んでいった順番など)

  • 予知夢を見た人間は身の周りに死のリストに載った人の予兆が見える

  • 周りの人間も予兆が見える事がある

  • 死の順番以外では絶対に死ぬことができない

  • 助かるビジョン(1のシートベルト、2の心肺蘇生)が見えれば必ず助ける事が出来る

  • 死は循環していて、誰かを助けても順番が飛ばされただけで次の人間に移る(この時点で助けられた人は一番最後)

  • 死が襲ってくる間隔は不規則

  • 死から逃れる方法は「新しい命」(1の別エンディング)だが実際のところ不明
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|