サム・ロートン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プレサージ製紙工場の営業管理部門に勤める青年。
夜はカフェMIRO81にてコックのバイトをして二足の草鞋で生活している。
その腕前はピカイチで料理長にパリへ修行に行かないかと誘われるほど。
だが営業での腕前はイマイチ。
一流の料理人になるのが夢。

社員研修旅行にてバスがノースベイブリッジに差し掛かった時、橋が崩落する予知夢を見る。
予知夢の中では落ちてきた鉄板に右肩から左胸にかけて切断され、一番最後に死亡する。

モリーとは恋人だったが研修旅行直前に破局。
しかし橋の崩落事故をきっかけに徐々に寄りを戻していった。

全てが終わり、モリーと共にパリへ修行に向かう為
飛行機に搭乗するが離陸後、飛行機は空中で崩壊。
モリーは機外へ投げ出され、自身も飛行機の爆発に巻き込まれ死亡した。

(実は、この飛行機が1作目につながっている...)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|