仮面ライダー電王まとめ @Wiki

ゴーストイマジン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】 イマジン
【名前】 ゴーストイマジン
【よみがな】 ごーすといまじん
【声】 神谷浩史
【スーツアクター】 横山一敏
【モチーフ】
【童話】
【登場話】 劇場版3 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン

【特徴】

身長:200cm
体重:131㎏

死郎に雇われたイマジン
良太郎に憑依仮面ライダー幽汽スカルフォームになり暴れる。
好戦的で残忍な性格と高い戦闘力を誇り、良太郎の命を盾にモモタロス達に迫る。
特異点である良太郎ですら中々支配を解けないほどの力を誇った。
死郎の企みに加担しているのは、ただただ暴れまわる機会が欲しかったからである。
今時の若者のような喋り方をし、常に相手を見下すような態度を見せる。相手を執拗に痛めつける戦い方をし、自分が危機に陥ると、相手にとって大切なものを盾にする卑劣漢である。
幽汽の力に酔っているような節があり、変身時は常に自信に満ちた態度を取る。ただし想定外の出来事には弱いらしく、幸太郎とテディの参戦や良太郎達の思わぬ反撃には狼狽する姿を見せている。

序盤は幽汽・スカルフォームの力を生かし、モモタロス達を圧倒。ゼロノスゼロフォームターミネイトフラッシュで一撃で戦闘不能に追い込んだ。
その後、NEW電王ストライクフォームと激突。撃破寸前まで追い込まれたが、死郎の介入に助けられる。
終盤では再びモモタロス達と激突。モモタロスリュウタロスに一時追い詰められるが、その瞬間、変身解除で良太郎の姿をとり、モモタロスの出鼻を挫くなど卑劣な手段を使う。
その後、再び幽汽・スカルフォームに変身し、モモタロスを消滅寸前まで追い込むも、良太郎の戦意に火をつける結果となり、モモタロスに良太郎の体から追い出される。想定外の良太郎の反撃に幽汽の力を失い動揺し、それでも単独で電王を倒そうと意気込むも、時既に遅し。電王クライマックスフォームに終始圧倒され、呆気なく消滅した。
後に死郎の力で復活するも、ソードフォームらに難なく倒された。





【関連するページ】