仮面ライダー電王まとめ @Wiki

第1話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「俺、参上!!」

前回 今回 次回
仮面ライダーカブト・FINAL 第49話「天の道」← 第1話→ 第2話「ライド・オン・タイム」

【スタッフ】

【脚本】 小林靖子
【監督】 田﨑竜太
【アクション監督】 宮崎剛
【アクション監督代理】 岡元次郎
【放映日】 2007/01/28
【DVD】 仮面ライダー電王 DVD VOL.1
【OP曲】 Climax Jump

【あらすじ】

時空を超え、砂を撒き散らしながら2007年の東京の空へとやってきた無数のエネルギー体。
しかし、人々は誰もそんなエネルギー体や砂には気づかない。
唯一、砂が入ったと目をこする男、野上良太郎を除いては…。
テツオら不良少年のグループにボコボコにされたり、いつものようにツイてない良太郎だったが、
見慣れないパスを拾う。そのパスを手にとあるビルの正面玄関から中へ入ると、景色が一変。
目の前に渓谷が広がり、デンライナーが停車した。呆然と立ち尽くす良太郎。

しかし、再び謎の列車が現れると、中から「パスを返して」と少女が現れる。
必死で逃げる良太郎だが、不可思議なことは次から次へと起こり…。

良太郎の奇妙な冒険がいよいよ始まろうとしていた…。

用語



野上愛理のメニュー】



施設・場所



時間



【必殺技】



【登場人物・ゲスト出演者】

【登場ライダー 第1話】
仮面ライダー電王 プラットフォーム、イマジンが憑依していない良太郎が変身する電王) 佐藤健(声)
高岩成二(スーツアクター)
第1話
ソードフォーム、モモタロスが憑依した良太郎が変身する電王) 関俊彦(声)
高岩成二(スーツアクター)
第1話
【登場イマジン 第1話】
バットイマジン  テツオが思い描く『卑怯なコウモリ』からコウモリをイメージしてこの世に現出したイマジン) 梁田清之(声)
押川善文(スーツアクター)
第1話、第2話
【レギュラー 第1話】
役名 役者 登場話
野上良太郎  仮面ライダー電王この物語の主人公、特異点) 佐藤健 第1話
M良太郎 モモタロスが憑依した良太郎) 佐藤健(演)
関俊彦(声)
第1話
ハナ  (デンライナー乗員) 白鳥百合子 第1話
ナオミ  (デンライナー客室乗務員) 秋山莉奈 第1話
モモタロス(名無し状態) (良太郎に憑依したイマジン) 関俊彦(声)
高岩成二(スーツアクター)
第1話
野上愛理  (良太郎の姉) 松本若菜 第1話
尾崎正義  (カストリ雑誌の編集長、ミルク・ディッパーの常連) 永田彬 第1話
三浦イッセー  (自称スーパーカウンセラー、ミルク・ディッパーの常連) 上野亮 第1話
オーナー (デンライナーのオーナー) 石丸謙二郎 第1話
【ゲスト出演者 第1話】
役名 役者 登場話
テツオ (不良グループの一人、バットイマジン契約 落合扶樹 第1話、第2話
カトー (不良グループの一人) 小川祐弥
サトシ 石川遼
マコト 中野雄一
工事現場の男 (良太郎を木の上から助けた) 大久保運 第1話
酒屋の運転手 (良太郎の自転車をパンクさせた) 顔田顔彦
【第1話 ゲスト声優】
バットイマジンの声 梁田清之 第1話、第2話

【時間の流れ】

未来からイマジン達をおってデンライナー2007年にやってくる
             ↓ 
テツオバットイマジンが契約する
             ↓
良太郎は憑依されるが運の悪さにモモタロスも巻き込まれ契約に至らない
後にハナから特異点であると言われモモタロスは憑依したことを後悔する
             ↓
何がなんだか分からないまま電王に変身するが使い方が分からず苦戦。ハナにベルトの赤いボタンを
押せと言われソードフォームにチェンジ、モモタロス良太郎の性格を支配しバットイマジンと対戦
             ↓
M良太郎の活躍でバットイマジンを倒したように見えたが.......。→戦いの行方は第2話へ続く
             ↓
良太郎ハナから電王になって一緒に戦おうと誘われる。
             ↓
訳の分からない良太郎は流れのままデンライナーに乗り込むことになる→第2話へ続く 

【関連するページ】