仮面ライダー電王まとめ @Wiki

アントホッパーイマジン(アリ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「やはり子供だな…ムキになりすぎる」

【種別】 イマジン
【名前】 アントホッパーイマジン(アリ)
【よみがな】 あんとほっぱーいまじん(あり)
【声】 鳥海浩輔
【スーツアクター】 伊藤教人(2役)
【モチーフ】 アリとキリギリス(性格はアリ)
【童話】 アリとキリギリス
【登場話】 第31話第32話ハイパーバトルDVD

【特徴】

身長:197cm
体重:120㎏
2007年の現在にやってきた未来人のエネルギー体が藤代裕也が思い描く
「アリとキリギリス」からアリとキリギリスをイメージしてこの世に現出した姿。
外見はキリギリスと差異はない。武器がスコップ型の剣

こちらはアリの性格面をイメージされており、冷静かつ冷酷で凶暴な性格。
キリギリスとのコンビネーションで電王を追い詰める。
しかしあと一歩の所をデネブに阻止され、業を煮やして藤代に憑依。藤代はオールバックに漆黒の目(瞳だけでなく全体が黒い)という異様な容姿に変貌し、愛理を拉致する。この状態の戦闘力も高く、D侑斗を圧倒した。
契約完了は後回しにし過去に飛ばないまま、アルタイルフォームと交戦。
単体での戦闘力も高く、終始アルタイルフォーム相手に優勢だったが、ゼロガッシャー・ボウガンモードの一撃を受け、狼狽してしまった隙を突かれグランドストライクで倒された。



【関連するページ】