仮面ライダー電王まとめ @Wiki

ウラタロス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「僕に釣られてみる?」

【種別】 イマジン
【名前】 ウラタロス
【よみがな】 うらたろす
【声】 遊佐浩二
【スーツアクター】 永 徳
【モチーフ】
【童話】 浦島太郎
【登場話】 第5話
劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!
劇場版2&Vシネマ 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事
劇場版3 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン
仮面ライダーディケイド 第14話
仮面ライダーディケイド 第15話
劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦
劇場版 超・電王トリロジー Episode Red
劇場版 超・電王トリロジー Episode Blue
劇場版 超・電王トリロジー Episode Yellow

【特徴】

身長:182cm
体重:110㎏

2007年の現在にやってきた未来人のエネルギー体が野上良太郎が思い描く「浦島太郎」から亀をイメージしてこの世に現出した姿。
良太郎ロッドフォームに変身するとき憑依するイマジン
蹴りやキック技を得意としイマジン体やロッドフォームでの戦闘に多用する。武器はウラタロッド。デンガッシャーのロッドモードのように投げつけて敵の動きを封じることが出来る。

他人を見下したような態度が鼻につく自信家。常に事態の様子を一歩引いた場所から冷静に見ている。
モモタロスとは正反対に、知的で策を弄することを得意とし、あまり戦いを好まないタイプ。調子のいい台詞を並べ立て女性たちのハートをメロメロにするかと思えば、他人の財布も奪ってしまう要領の良さも。「僕に釣られてみる?」というのが戦いにおける口癖。
また、をつくのが好きで本心をなかなか見せない詐欺師。その嘘にも、自分なりの品格とプライドを持つ。
妙に才能豊かでピアノや華道なども嗜んでいるようだが、その殆どは“釣り”の為に使われる。
斜に構えているが、時々妙にノリが良く時には一番浮かれた格好や仕草を見せる事もある。
自分はギャグキャラじゃ無いとよく主張している。
一見、自分の保身ばかり考えているように見えるが、良太郎達と触れ合う内に仲間に恨まれてでも仲間を守ろうと考えるようになっていく。
制御できない感情を見せるのが大嫌いで、それを隠すためならば命もかける。
良太郎が特異点と知りつつ憑依した。特異点への憑依デメリットがあるが、あえてメリットを選んだ。使命はどうでもいいらしい変わり者。
亀のような姿なのに身だしなみは気にしており、爪をよくいじっている。 *1 手鏡で自分の顔を見ていることもある。
しかし亀独特の体臭がする。ウラタロスいわく、磯の香りだそうだ。入浴すると、なぜだか出汁が出てしまうらしい

面倒ごとを避けたがる性格なので、戦いも好き好んでやる方ではない。自分にとってベストな状態でないとやる気が出ず、逃げるイマジンを追わずに放ってしまうこともある。
だがひとたび怒りを覚えると、平素のそういった態度とは別人のように攻撃的で苛烈な一面を垣間見せる。
ウラタロスが倒したイマジンは何故かよく暴走する。

出会いが最悪だったためモモタロスとは犬猿の仲で、いつまで経っても喧嘩が絶えない。
だが、物語が進むにつれて次第に毒やトゲが抜け、中盤以降は大抵遊び半分のような喧嘩である。
時にキラーパスをするかのごとく的確なフリをモモタロスに出し、またそのパスに関して的確にボケたり突っ込みを入れてくるなど、意志の探り合い的なやり取りが見えにくいところで繰り広げられている。彼ら流の意志の疎通ともいえる。
第48話では寝返ったウラタロスとモモタロスの真剣勝負が繰り広げられたが、寝返った芝居だった事が判明し結局勝負がつく事はなかった。なおソードフォームとロッドフォームの能力面で差が出ているがもともとの姿で喧嘩した場合互角である。
中盤以降はリュウタロスの宥め役にもなっており、弟を心配する兄のように彼の面倒をよく見てやっている。
ナオミハナには幾度となく手を出そうとしていたが、まるで釣れる様子が無いため諦めているようだ。

「イマジンあにめ」のボックスでの彼のポジションと第二話での彼の台詞には涙を誘う物がある。
実体化していないのでデンライナーから外出する最、カモフラージュするためペンギンの着ぐるみを使用。

【これまでの憑依履歴】


【命名の経緯】

良太郎がモモタロスに桃太郎からネーミングしたのでナオミが、ウラタロスの亀のような姿から次は浦島太郎と連想する
           ↓ 
モモタロスは、すでに自分が憑依しているのに勝手に良太郎に憑依した嫌がらせで自分と似たような名前ウラタロスと命名してしまう。  
           ↓
嫌味で変な名前を命名してケンカを煽るが、ウラタロスにはスルーされてしまう。→(第5話

【口説くウラタロス】

良太郎との契約が完了の後、過去と実体を手に入れたウラタロスは、様々な人物の体に入り込み女性を口説いている。
桜井侑斗に憑依しU侑斗となりセーラを口説き野上幸太郎に憑依しU幸太郎となり作戦と称し町娘を口説くありさま。もし今後もストーリーが続くのであれば、ある意味、期待してしまう展開となるだろう。その期待に応えて、2009年の仮面ライダー第10作目、仮面ライダーディケイドで9つの異世界をめぐる旅で訪れた「電王の世界」でディケイドのヒロイン光夏海を主人公の門矢士に憑依し口説いた。そこまでならいつものことだが、電王の世界ではディケイドが悪魔の存在として噂されており、倒すためにその光夏海に憑依するという前代未聞の行動にでた。

劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!でのウラタロス】


劇場版2&Vシネマ 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事でのウラタロス】


劇場版3 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウンでのウラタロス】


仮面ライダーディケイド(第10作)電王の世界でのウラタロス】


劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦でのウラタロス】

時間のはざまの衝撃で昭和10年(1935年(未))の夏にキンタロス、リュウタロスと共に飛ばされてしまった。この時間で手に入れた人物の次狼憑依して動きまわる(未)。たまたま米泥棒を捕まえた事で新聞にとりあげられた事で、現代の駅長からの情報で飛ばされた時代が特定され助けられた。例のごとく人(?)に憑依して隣に住むおばさんを甘い言葉でくどくが、またコハナに怒られる。

【ウラタロス名言集一覧】
セリフ セリフを言った回
時間を手に入れるのも良し悪しだよね。(未) 第48話
これ以上あっちに居たら、クールでカッコいい僕じゃいられなくなりそうだったから。僕、嘘泣きしかした事ないし。 第48話
じゃあ、やりますか 第44話
僕そういうお笑い系じゃないし… 第37話
丸焼きだっ!! 第34話
(珍しくモモタロスに一本取られて)人をネタに…!? 第33話
特異点についてれば消えないと思ってたけどしょうがないか 第28話
スイマセン、今の暴言は海に流していただけます? 第24話
凄いというか、もう電車じゃないよね、アレ 第22話
亀は一人でいいんだよ! 第22話
僕がカッコいいのは生まれつき 第18話
かっこ悪いよ先輩 第18話
よくいわれるよ 第6話
誤魔化して嘘ついて偽ってこその人生だよ 第6話
でも、僕が泳げるのは嘘じゃない、ボタン押せばいいんじゃないの?死なれたら僕も困る 第6話
僕の嘘は嘘の為の嘘なんだから 第6話
僕の嘘を安っぽく解釈されるのは許せないよ 第6話
人生をおもしろくするのは、千の真実より一つのうそだよ 第6話
ようやく手に入れたんだ、自由を 第6話
デメリットなくしてメリット無し 第6話
そういうのやめない、面倒だからさ 第5話
用がなくても会いたいな 第5話
欲しいもの愛かな 第5話
言葉の裏には針千本…最高! 第5話
【釣のガイドライン】
セリフ セリフを言った回
良太郎、釣りをするならもっと上質なエサを使ってくれないと。 第29話
なるほど、釣られて欲しそうな顔してるね。でもタイプじゃないんだよね 第18話
魚心あれば水心あり、だね 第14話
あわてる漁師に魚は釣れない 第14話
僕の言葉は美しい物を釣る為にある 第8話
釣師危うきに近寄らず 第8話
マヌケを黙らせるエサは無い 第6話
釣った魚はでかくみえる....、だけじゃないか 第6話
釣った魚に助けられて...、カッコ悪っ 第6話
釣り針のエサは美味そうに見える 第6話
飢えた魚は猫でも釣れる 第5話





【関連するページ】



*1 スーツアクター永 徳によると、ウラタロスが指を気にする動作は田村正和が演じた古畑任三郎の癖を参考に自分なりにアレンジを加え取り入れたものだという。劇場版 俺誕生!コレクターズ・パックの特典映像のスーツアクター徹底研究のインタビューで語っている。