仮面ライダー電王まとめ @Wiki

特異点


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「彼女は特異点でしたから。どんな時間への干渉も彼女の存在に影響しません。不死身という意味とは違いますよ。」


【種別】 用語
【用語】 特異点
【よみがな】 とくいてん
【使用話】 第1話

どんな時間の干渉にも影響を受けない、特別な存在のこと。
それと同時に、特異点は電王に変身することが出来る希少な存在とされている。
ただし、オーナーの言葉が真実なら、この特殊性は時間の流れに対してのみ意味を持ち、物理的なダメージ(殴る、斬るetc)で死ぬ点は普通の人間と同じため、不死身というわけではない。
ただし例外もある

通常、イマジンが人間に憑依すると人間からはコントロールできないはずなのであるが、特異点である良太郎は憑依したモモタロスをコントロールできるようだ。またコントロールされてしまう事をモモタロスは不思議がっていた。が、特異点であることを聞かされた直後こそ良太郎に憑依してしまった事を後悔したが、結局はイマジン相手に派手に戦えることの方が良かったようで、その後は特に後悔していない。
ウラタロス良太郎が特異点であることを知りつつ、あえてメリットに釣られて憑依してきた。
また、本条を救って虫の息のキンタロスを再憑依・救助できたのも、特異点だからこそ可能なことと考えられる。
本来の使命を遂行するイマジン達にとって不都合な存在なのか、特異点を潰そうとしている。
リュウタロスに対し「良太郎を殺せば時の列車の車掌にする」と持ち掛けた人物も存在している。
第10話ハナも特異点であった事が判明。ハナのいた消滅した未来で何があったのかは不明。イマジン達の時間改変の影響により未来が失われるが、ハナは特異点だった為に現在も存在。だが、存在していた時間が消滅したためデンライナーが彼女の現在の居場所となっている。
第39話侑斗を抹殺したため大幅な時間改変がおこなわれ、それまでながれていた時間に大きな変化が起こったが、特異点である良太郎とコハナにはそれまでの記憶が存在。共に愕然とする。
不正な時間改変を受け付けない為、時間が消滅、または大規模な改変を受けてしまった時にその時間を復元する為の最終安全装置のような役割を持つ。しかしオーナーによると、特異点自身が己の時間を消すような改変を行った場合、その歪みが時間に及ぼす影響は計り知れない、との事。しかし良太郎やハナと同じ特異点であるとある人物のケースでは、前述の説明とは逆に、時間の流れに今にも弾き出されそうな位に極めて不安定な状態であった事から、まだこの存在については未解明な部分も数多く残っていると言える。
「さらば電王」ではそのことに目を付けた死郎が良太郎を利用して時間をひっくり返そうとしていた。

【関連するページ】