※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シュフィッツェン渓谷



●シュフィッツェン渓谷

●どんな人(または敵)が住んでいるか
厳しい山岳地帯であるため、山羊や乾燥に強い生き物が生息している。
人はほとんど寄り付かない。

●規模はどれくらいか
全長数十キロ、落差百数十メートルを誇る大渓谷。落ちたらまず死ねる。

●どんな曰くがあるか
神魔戦争で生まれたと伝えられる巨大な渓谷、探検家シュフィッツェン=D・アランスフェアが初めて記録を残し、渓谷の落差を計測しようと試みた。

●どんな土地か。
数キロにわたる大断裂に、古ぼけた砦兼用の石製の橋が一本走るだけで、そこを通る以外に向こう岸に渡る方法はない。
守備隊は騎士の称号を持つ、由緒正しき家系が勤める。

渓谷の中ほどには、前大戦で使用された皇国の要塞が存在する。

by梅村

コメント欄↓
名前:
コメント: