※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武器データ変更

武器データファイルをいじることで、武器の性能を変更することができます。
サーバー側の変更だけでクライアントにも適用されます。

手順

  1. SoF2demo\demo\assets.pk3を解凍ソフトで適当なところに展開します
  2. assets\ext_data\sof2.wpn
    assets\inview\sof2.inview
    上のふたつのファイルが武器データに関するものです
    メモ帳などのテキストエディタで開けます。改変したら元の名前で保存します
  3. sof2.wpn は ext_dataフォルダ
    sof2.inview は inviewフォルダ
    にそれぞれ入れて、Zip形式で圧縮します
  4. 圧縮してできたファイルの拡張子を.pk3にかえて、SoF2demo\demoにコピーします
  5. パッチをあてます
  6. サーバーはsv_pure 0でたてる必要があるかも

コード

sof2.wpn

weapon
{
	name			"US SOCOM"
	displayName		"WEAPONS_NAME_USSOCOM"
	model			"models/weapons/ussocom/world/ussocomworld.glm"
	safe			true
	rank			0.1
	oneHanded		true
	cvar			wp_ussocom
	category		2		// pistol
	menuImage		"hud/weapon_icons/ussocom_icon"
	menuImageDual	"hud/weapon_icons/ussocom2_icon"
 
	mp_animRaise	"TORSO_RAISE_ONEHANDED"
	mp_animDrop		"TORSO_DROP_ONEHANDED"
	mp_animIdle		"TORSO_IDLE_PISTOL"
	mp_animReload	"TORSO_RELOAD_PISTOL"
 
	// new school
	attack
	{
		ammoType		"0.45 ACP"
		clipSize		"12"
		damage			"45"
		muzzleFlash		"effects/muzzle_flashes/mflash_ussocom_final"
		lockFlashToBarrel	false
		silencedFlash 		"effects/muzzle_flashes/mflash_silencer"
        	muzzleSmoke		"effects/muzzle_flashes/smoke_m4"
		3rdPersonMuzzleFlash	"effects/muzzle_flashes/mflash_pistols_inworld"
		ShellCasingEject	"effects/shell_brass_small"
		EjectBone		"ejection_USSOCOM"
		inaccuracy		".1"
		maxInaccuracy		".1"
		range			8192
		volume			0.75
		kickAngles		"1 5 -2 1"
 
		mp_damage			40
		mp_inaccuracy		.35
		mp_maxInaccuracy	2.0
		mp_animFire			"TORSO_ATTACK_PISTOL"
		mp_extraClips		"3"
 
		fireModes
		{
			mode1		auto
		}
	}
 
	altattack
	{
		ammoType		"none"
		damage			"15"
		melee			blunt
		range			64
		volume			0.1
 
		mp_fireAmount	0
		mp_range		60
		mp_damage		70
		mp_gore			NO
		mp_animFire		"TORSO_ATTACK_PISTOLWHIP"
 
		fireModes
		{
			mode1		auto
		}
	}
}
 
上はsof2.wpnのUS SOCOMに関する記述です。
Code 説明
name sof2.inviewのnameと対応
displayName Now this is the weapons name as you see in in the screen. Or actualy there's a file that has the name and all that WEAPON_NAME_ stuff refers to it. But you can just type the name to it, since it shouldn't cause any trouble.
model 武器のワールドモデルを指定。一人称視点のモデルではない
safe 武器はsafeか否かを指定。値はtrueあるいはfalse。プレイヤーがautoswitchの設定をsafeにしているとき、safeの武器を拾うと自動的に持ちかえる
rank 武器のrankが高いほど、武器変更の優先度が高くなる
cvar 武器のvariableを指定。if you have the same on two weapons, you get them both when you pick up one of the weapons.
category 武器のカテゴリを指定。1=knife, 2=pistol, 3=shotgun, 4=smg, 5=assault rifle, 6=sniper rifle, 7=heavy weapon, 8=grenade.
menuImage 装備メニューに表示される画像を指定
mp_anim マルチプレイ時の三人称視点でのアニメーション
attack プライマリ攻撃の記述を開始
altattack セカンダリ攻撃の記述を開始
fireModes ファイアモードの記述を開始。ファイアモードの種類はauto,burst,single
projectile projectileの記述を開始
ammoType 弾薬の種類を指定。Ammo types can be found in the SOF2.AMMO file.
clipSize 1マガジンに入る弾数
extraClips 予備マガジンの数
damage 弾一発があたえるダメージ。ショットガンの場合は散弾のつぶ一発あたり
damageType 特殊なグレネードの種類。flash(閃光弾)、incendiary(焼夷弾)、phosphorous(煙幕弾)
pellets 一発あたりに発射される散弾のつぶの数
spread 散弾の散らばり具合。1.0で90度
armorPiercing 防弾アーマーを通して与えるダメージの割合。0.0 for 0% 1.0 for 100%.
muzzleFlash 一人称視点でのマズルフラッシュの画像を指定
muzzleSmoke 一人称視点でのマズルスモークの画像を指定
3rdPersonMuzzleFlash 三人称視点でのマズルフラッシュの画像を指定
ShellCasingEject 武器から排出される薬きょうの種類を指定
TracerEffect 弾の曳光エフェクトの種類を指定
inaccuracy 武器の精度(不正確度)。数値が大きいほど、照準からずれる
maxInaccuracy 最大不正確度。武器を連射したときに増える不正確度の最大値
range 武器の射程距離。Doesn't aply if you have a projectile (like a grenade) on the attack.
volume 武器の音量。実際に音が大きくなるわけではない。NPCが銃声に気づく距離に影響する。
kickAngles 武器が発射の反動で跳ね上がる向き。"x y -z q" yが上
fireAmount 一発あたりの弾薬消費数(?)
fireFronClip
fireDelay
radius 爆発のダメージが及ぶ半径
gravity projectileに適用される重力。0.0だとまっすぐ飛ぶ
speed projectileが飛ぶ速度
detonation 爆発するタイミング。impactは壁やプレイヤーに当たった時。timerは一定時間経過で爆発する。stickyは爆発せずにくっつく(?)
timer detonationをtimerにした場合、爆発するまでの時間
mp_xxxx マルチプレイのときに適用される数値。たとえばinaccuracyとmp_inaccuracyという項目があった場合、適用されるのはmp_inaccuracyの数値です

sof2.inview

参考