※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PSPのスペック

仕様

  • CPU(Allegrex)
    • MIPS 32bitコア R4000
    • 周波数:1〜333MHz
    • 浮動小数点計算能力:2.6Gflops(333MHz駆動時時)
    • VFPU有り
      • 便利な定数がハードコード済み
        • 無限大, sqrt(2), sqrt(0.5), 2/sqrt(pi)
        • pi, 2/pi, 1/pi, pi/4, pi/2, e
        • log2(e), log10(e), ln(2), ln(10)
        • 2pi, pi/6, log10(2), log2(10)
        • sqrt(3)/2
  • サブCPU(MediaEngine)
    • MIPS 32bitコア R4000
    • 周波数 : 1〜166MHz
    • VFPU無し
  • メインメモリ
    • PSP-1000:32MB
    • PSP-2000〜:64MB
  • スクラッチパッド
    • SRAM 16KB
    • 0x00010000 - 0x00014000
  • ディスプレイ
    • 解像度:480x272
    • 色数:1,677万色(24bitカラー)
      • ディザリングにより24bitカラーを実現
  • GE(Graphics Engine)
    • 出力色数 : 32768, 65536, 1677万色のいずれか
    • VRAM : 2MB
    • テクスチャ
      • 最大テクスチャサイズ : 512x512
      • 最大ミップマップレベル数 : 8
      • テクスチャ色数 : 16, 256, 32768, 65536, 1677万色のいずれか
      • トライリニア補間
      • クランプ/折り返し
      • 「swizzle」によるテクスチャキャッシュ効率改善
    • パターンディザリング
      • パターンは変更可能
    • アルファブレンド
      • さまざまなブレンド関数
    • アルファテスト
    • Z(デプス)テスト
    • ステンシルテスト
    • アンチエイリアシング
    • カラーテスト
    • ロジカルオペレーション
    • スムースシェーディング
    • 長方形切り取り(Scissor)
    • メインメモリ←→VRAM DMA転送
    • 指令リスト DMA転送
    • ハードウェア Transform and Lighting
      • 最大ライト数 : 4
      • クリッププレーン
      • カリング
      • 線形フォグ
      • 頂点スキニング
      • 頂点ブレンディング
      • 高次パッチ
      • 4系統の行列(Projection, View, World, Texture)
      • 光沢を滑らかにする技術?
      • 法線の自動反転
      • テクスチャ座標自動生成
  • I/O
    • IEEE 802.11b
    • USB 2.0 High-speed
    • MS Duo
    • 赤外線(IrDA) (1000のみ)
    • リモコン端子

注意点とかいろいろ

  • CPU
    • デフォルトでは222MHzで動作する。
    • サブCPUはME(MediaEngine)と呼ばれている
      • MediaEngineだからと言って、音楽再生などに特化しているのではない。
      • メインメモリにはアクセス不可。
      • MediaEngine内蔵SRAMのみが使用できる。
      • メインCPUと同じ。処理に時間がかかる音楽や画像関係を処理すると便利。
      • サブCPUの使用には、カーネルモードに入る必要があります。
      • あるいは、sceMp3系のAPIを使用します。
    • 浮動小数点処理能力をフルに発揮するには、sceGum系のAPIか、インラインアセンブラによって、VFPUを使用する必要があります。
    • 整列されていないアドレスへのアクセスは、バスエラーを発生します。
      • たとえば、int x=*(int *)0x10001;とすると、0x10001がsizeof(int)=4の倍数ではないので、バスエラーになります。
    • メモリキャッシュの利用効率を上げるために、メモリ使用を局所化するか節約してください。
      • キャッシュミスを起こした場合、メモリへのアクセスは68倍の時間がかかります。
  • メインメモリ
    • システムがメモリを8MBほど使用していて、実際は24MB程度しか使えない。
    • PSP-2000で増えた32MBは、UMDのディスクキャッシュとして使用される。
    • PSP-2000で増えた32MBを使用するには、対応したライブラリが必要とかなんとか。
  • スクラッチパッド
    • キャッシュミスの場合は、メインメモリよりも若干アクセスが速くなります。
    • ただし、32KBしかないので慎重に使いましょう。
  • ディスプレイ
    • CPUの性能の関係か、VRAM直描きだとfpsが出ない。
    • GUを使えば速度が出る。
      • GUは「slice」や「swizzle」を使い、データを最適化しないとfpsが出ない。
      • メモリ-VRAM間転送は、VRAM-VRAM間転送の1/10倍の速度しかでません。
    • PSP-3000の画面で横線が入るのは仕様です。
  • I/O
    • MS Duo
      • 書き込み速度は、ある条件に基づいてsceIoWriteを使用すれば、改善されます。
      • PCからフォーマットした場合(特にFAT32を使用した場合)、アクセスが遅くなる可能性があります。
    • 赤外線(IrDA) (1000のみ)
      • 公式ソフトでは使用されてない。(はず)
      • 自作ソフトではリモコンとかキーボード接続とかに使用されている。
    • リモコン端子
      • 実はシリアルポートらしい。
      • キーボードをつなげたりした人がいるとか。
      • アナログ音声入力にもなる。
    • USB
      • PSPは必ずUSB機器として作動する(ホストとしては作動しない)。