|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

体外離脱の文化

EditThisPage    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「人間の魂が肉体を離れて行動する」という考えは古くから洋の東西を問わずあり、文化の中に組み込まれている。
ここでは、様々な文化の中に見られる、代表的な体外離脱についてまとめた。

西洋魔術

"astral projection"(星幽体投射)とよばれ、"astral body"(星幽体)により星幽界で活動する
「エーテル体」による物質界での活動もある。

仙道(道教)

「気」とよばれる精神的なエネルギー(半物質的)を集中させ、不死である第二の身体を作り上げる。
この第二の身体は「陽神」とよばれ、それを体外にだすことを「出神」とよぶ。
この「陽神」は物質的な作用を持つことが可能であり、また異世界へも行くことが出来る。
「気」の物質的な性質をさらに昇華させ、純粋に精神的な存在に、また全ての根源である「道」と合一していくことが仙道の目的である。


チベット仏教

人間が死んだ後にどうなるかを説いた「死者の書」は有名。

ヨガ