通報の注意


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

通報の場合は、なるべく事案を詳細に説明すること
メールの場合は簡潔にまとめて、読みやすいものにすること
その際、必ずすることは、どのレベルまでやってくれるのか、他にも同様の通報が来てるのかの確認
同様の通報来てるって言ったらしめたもの。どういう状況なんです?って確認しよう

まぁ聞いとくかってレベルと、調査に入るのとでは全く同じじゃないことを肝に命じること
調査に入っても、すぐ結果はでない。内偵は時間がかかるし、警察や関係省庁と横断的に対応するから、どうしても遅くなる
捜査ものべつ幕無しにできるわけではないので、一月は最低限我慢して注視しよう

質問の最後は、可能ならば、進捗状況を教えて欲しい旨を伝えるとよい
役所も経過が知りたいというプッシュは結構堪えるから、調査に入る可能性が少しでも高くなる

こちらがどんな人物か名乗った場合と、全くの匿名とでは向こうの動きも大きく変わる
これは、匿名だと同じ者が、延々通報してるのではと思われ、優先度が低くなるから
そのため、連絡先や名前など、担当者の名前を控えつつ、こちらもできれば名乗るべし

簡潔にまとめると
・質問や通報する際は、担当と連絡先確認、こちらもどういう人物か名乗ると、動く確率UP
・質問や通報内容は簡潔に、先にメールかFAXして、相手が確認してからならなお捗る
・最後に経過報告教えて欲しいの旨を伝える、ノルマ付きになったら動く確率UP
・関係省庁は、ゆっくりじっくり確実に調べる。遅いとか動きないとか思わず、最低限一月は動きを緩めないのが肝要
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。