※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

記入、中農です。
澤見さんのプリントの説明だけではイメージがつかみにくかったので、
どういうことなのか自分なりにまとめてみようとしました。
自分の勝手なイメージで書いているので、間違っている箇所などがありましたら、
修正していただけると助かります。

まずは用語。
  • スペクトル強度
 参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=89963
 スペクトル強度 = パワースペクトル ?

波長ごとの見える色の表
 波長   波長域 (nm)     色

 短い  約   ~400   紫外線 (見えない)
 ↑   約400~450    紫   ───
 │   約450~500    青     │ 可
 │   約500~570    緑     │ 視
 │   約570~590    黄     │ 光
 │   約590~610   オレンジ   │
 ↓   約610~700    赤   ───
 長い  約700~      赤外線 (見えない)



各図について、気づくことを箇条書きにします。
図をご覧になりながら読んでみてください。

●図1について
スペクトル強度の最大値が1となるように正規化されている。
ある色温度の光が、どの波長の光をどれぐらい含んでいるかを表している。
可視光線は波長が4e-07~7e-07(m)の光。
  • 色温度2900の曲線は、波長が長い光が多く含まれていることが分かる。よって赤っぽく見える。
  • 色温度9300の曲線は、波長が短い光を多く含んでいることが分かる。よって青っぽく見える。

●図2について
日中の自然光を白色(6500)と考え、これを基準値1として
相対的にほかの色温度のスペクトルを求めている。
  • 6500の曲線(直線)は、すべての波長の光を均等に1含んでいるとしている。よって白っぽく見える。この曲線(直線)を基準とする。
  • 6500より低い色温度の場合、波長が短い光よりも長い光の方が多く含まれているので、5000はやや赤っぽく、2900は赤っぽく見える。
  • 6500より色温度が高い場合、波長が長い光よりも短い光の法が多く含まれているので、9300は青っぽく見える。

●図3について
図2は色温度6500を基準としていたが、
図3では5000を基準としている。
この図で、6500で撮影されて得た画像を、
どのような処理を施せば5000で撮影された画像のように
表示することができるかが分かる。
  • この図の色温度6500の曲線に注目する。色温度5000の画像に変更するためには、この図の色温度5000の曲線(直線)に、6500の曲線を近づけてみようとすればよい。緑に見える波長のスペクトルは大体1なのでそのままにし、1より大きい青に見える波長のスペクトルは、1に近づけるため、2割程度落とす。1より小さい赤に見える波長のスペクトルは、1に近づけるため、3割程度上げる。つまり緑色の輝度はそのままにし、青色の輝度を2割程度落とし、赤色の輝度を3割程度上げると、色温度6500の画像を5000として表示できる。
  • ほかの色温度の表示変更も同じようにできる。

●図4、5について
どちらも、RGBがそれぞれ色温度をどの程度含んでいるかを表している。
図4は白とする基準を6500とし、
図5は5000を基準としている。
  • G(緑)を基準として、6500または5000の照明下で撮影して得た画像の色温度を変更するにはどの程度R(赤)B(青)を増減させれば良いかの目安となる。

以上