SVN Subversion example


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Minimum configuration


とりあえず、プロキシーをセットしたい。
http://svnbook.red-bean.com/nightly/en/svn-book.html
を丹念に読んでいくと、一度目に svn を実行すると (svn --version とか
svn --help とか)~/.subversion というディレクトリが作られるらしい。

$ svn --help

[yoshi@localhost ~]$ find .subversion/
.subversion/
.subversion/servers
.subversion/config
.subversion/auth
.subversion/auth/svn.username
.subversion/auth/svn.simple
.subversion/auth/svn.ssl.server
.subversion/README.txt

プロキシの設定はグループ単位で行えそう。

# [groups]
# group1 = *.collab.net
# othergroup = repository.blarggitywhoomph.com
# thirdgroup = *.example.com

[groups]
group1 = *.apache.org

### Information for the first group:
[ group1]
http-proxy-host = web-proxy.jpn.hp.com
http-proxy-port = 8088
# http-proxy-username = blah
# http-proxy-password = doubleblah
# http-timeout = 60
# neon-debug-mask = 130

とりあえず、group1 のみ設定

http://jakarta.apache.org/site/cvsindex.html
によると ASF(Apache Software Foundatin?) の Subversion repository
の root url は read-only であれば http://svn.apache.org/repos/asf/
だとある。ためしに Regexp に関して view-svn を見てみると

「Apache-SVN」 / jakarta / regexp となっている。

これらをあわせて試しに打ってみる

[yoshi@localhost ~]$ svn checkout  http://svn.apache.org/repos/asf/jakarta/regexp/trunk
A  trunk/xdocs
A  trunk/xdocs/RETest.txt
A  trunk/xdocs/applet.xml
:
A  trunk/src/java/org/apache/regexp/RE.java
A  trunk/src/java/org/apache/regexp/RETest.java
A  trunk/src/java/org/apache/regexp/REDebugCompiler.java
:
A  trunk/docs
A  trunk/docs/jakarta-regexp.jar
A  trunk/docs/RETest.txt
A  trunk/docs/applet.html
A  trunk/docs/index.html
A  trunk/docs/changes.html
A  trunk/KEYS
A  trunk/README
A  trunk/build.xml
U trunk


おお、取れた。


また、グローバルな設定もあり、そちらは /etc/subversion
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。