※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

株は景気の悪い時に買うもんやで~
ファンドとかにしておいたほうが身のためやで~
30万円以下で買えるような株は、
悪い奴らが仕組んで、市場操作しまくってるんやで~(→仕手)



  • 「もう、気が済んだかい?」を Google



特定口座

普通の会社員は、給料以外の収入のうち 20万円までは、納税申告の必要が無い!!

  • 譲渡益から税20%を自動的に差し引くのが、「源泉徴収あり」口座
    • 源泉徴収されていたら、確定申告で払い戻しを受けることも出来る
  • 差し引かないのが、「源泉徴収なし」口座 ★こちらをおすすめ

年間Totalで売却損が出た場合、確定申告することで3年間売却損を持ち越すことが出来る




2007年11月11日(日) 午後9時~9時49分
総合テレビ
ヤクザマネー
 ~社会を蝕(むしば)む闇の資金~


暴力団対策法の施行から15年、暴力団は今、その姿を大きく変貌させている。覚せい剤や賭博などで得た資金を、新興市場やベンチャー企業への投資に回し、莫大な収益を上げているのだ。国の規制緩和で生まれた新たな市場は格好の“シノギの場”となり、ヤクザマネーは市場を通すことで浄化されながら膨張し、さらなる犯罪の資金源となっている。
 その裏で暗躍しているのが、表向き暴力団とは関わりのない元証券マンや金融ブローカーだ。専門知識をもつプロたちが次々と暴力団と手を結び、“濡れ手で粟”の儲け話を取り仕切りっている。危機感を強める警察は、今年の白書の中で、「暴力団の市場への介入が経済の根本を侵蝕しかねない」と警告。その資金獲得に協力する一般人を「暴力団と共生する者」=「共生者」と呼び、その存在を初めて問題視した。
 こうした中、いま多くのベンチャー企業の経営者が、次々とヤクザマネーに群がっている。資金繰りに困り、暴力団の圧倒的な資金力に頼らざるを得ないのだ。
 “戦後最長の好景気”といわれる日本。その陰で密かに社会を侵蝕するヤクザマネー。資金獲得の現場に初めて潜入し実態に迫るとともに、それを許容する社会の責任を問う。

ttp://www.nhk.or.jp/special/onair/071111.html