※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「マスター?何をしているんですか?」
 少女が問う。
 短い髪をさらりと揺らして、無垢な瞳で男を見つめて。
「詞を書いているんだよ」
 男が答える。
 かじりついた机から顔もあげず、柔らかな日光から最も離れた場所で用紙と向き合っている。
「詞、ですか?何のために?」
 少女がまた問う。
 男は、ようやく顔をあげて微笑んだ。
「遠い昔、ある人との約束のためさ」
 そう言うと、男は少女を招き寄せた。笑顔のままで、こう切り出す。
 一つ、御伽噺をしてあげよう。
 
 少女が祈っている。
 真っ赤なスカートを惜しげもなく地に広げて、目を閉じ手を組んで祈っている。
 祈り終えた少女は、長い髪を揺らして青年に微笑みかける。
「さぁ、帰りましょう、マスター」
 夜空の星が一つ流れ行く。
 
 それは奇妙な感覚。
 目覚めたとき、自分の中にあったのは、自分のものではない誰かの記憶。
 それは悲しくて、嬉しくて、切なくて、暖かい。目覚めたばかりの少女は、何がなんだかもわからないまま、それを強く抱きしめた。
今は遠い、過去の記憶。
 
「ねぇマスター、今日のお夕飯は何にする?」
 少女はご機嫌な様子で歩いていく。口ずさむは聞きなれた鼻歌。ぴたりと後ろをついてくる青年は、人形のように無表情で。
 それでも少女は、ねぇマスター、と繰り返す。
 まるで、滑稽な御伽噺。
 
 思い浮かぶのは、大切なあの人の姿。
 それは全く知らないものなのに、意識をとらえて離さない。
約束するよ。と彼は言った。
 とてもとても暖かな笑顔で。
 それは胸の痛みを癒す。だけれど消えない、その痛みに、少女は首を傾げるばかりでいる。
 
「マスター、お花を摘んでいきましょう。マスターはこのお花好きだったでしょう」
 少女が花を手にして言う。
 青年は答えない。
「マスター、あそこで転んじゃったことがあったわよね。マスターってば、たまに抜けてるんだから」
 クスクスと笑う少女。
 やはり青年は答えなくて、その様は一人芝居のよう。
「今日はもう一度お祈りをしなくちゃ。流れ星が多いんだもの」
 少女が空を仰いだ時、ようやく青年は口を開いた。
「君の願いは何?」
 少女はきょとんとしてから、微笑んで答える。
「マスターが帰ってくることよ」
 
 夢の中で、その少女は泣いていた。
 涙を零さずに泣いていた。
 胸を刺す痛みは増すばかり。
 けれどそれを打ち消す暖かなものが及ばない。
 何が悲しいの、と少女は問うた。
 声は空しく霧散する。
 
御伽噺を聞かせてよ。
 少女はそう言って青年に笑んだ。
 何のために、と問い返す。
 少女は笑みのままで答えた。
 『悲しみ』を知るためよ。
 
 夜空の下、少女と青年が向き合っている。
 少女の手には花が。青年の顔には悲しみが浮かぶ。
「間違っているんだ」
 と青年は言った。
「君は、大切な物を取り違えているんだよ」
 それが何だかわからなくて、少女は小首を傾げる。冷たい夜が二人を包んだ。
 
 少女にはわからないことがあった。
 この胸の痛みの、その理由。
 どうやっても消えはしない。
 補うもぶり返すのを繰り返す。
 理由のない痛みには、忘却の薬しか効かないことを少女は悟った。
 ――どこが分かれ道だったのか。今となってはわからない。
 もしかすると、初めから分かれ道などなかったのかもしれない。
 
 彼がその少女の噂を聞きつけたのは、村の噂好きの誰かからだった。
 森に一人住むという、変わり者の少女。
 頭がいかれているのだろうとその住人は言っていた。
 彼はそうして興味を持った。
 もしかすると、手がかりになるかもしれないと。
 森へと足を踏み入れた彼が見たものは。
 祈る少女と満点の星。それから願いと、古ぼけたそれであった。
 
「間違っているんだ」
 と青年は繰り返した。
 首を左右に振って、悲しげに顔をゆがませて。
「君のマスターは、すぐそこにいる。初めから、君の傍にいたんだ」
 青年は、ゆっくりとした動作でそれに触れる。
「マスター、どうかしたの?」
 と少女は訊く。
「違うよ」
 とまた青年は同じ言葉を繰り返した。
「僕は、君のマスターなんかじゃない」
 そして、終焉は訪れる。
 
約束だよ。と彼は言った。
 いつか、いつの日にか、この歌を君に。
 そう、少女に言っていたのに。
 記憶の終わりは曖昧で、ノイズ混じりの悲鳴が届く。
 最後に少女が見たものは。
 二人の青年と優しい記憶。
 それから暗く冷たい夜の真実だった。
 
 その少女は祈っていた。
 夜空の星に。過去の記憶に。彼方の約束に。愛しいあの人に。
 丁寧な動作で彼はそれに触れた。
 古びた、手入れのされていない墓石。
 愛しいあの人の、居場所。
「博士は亡くなったんだね」
 青年は悲しげに呟いた。
「君が僕をマスターだと、彼だと思い込むことは、確かに楽になる方法の一つかもしれない。だけれど、このままではいけないよ。彼の約束は、とっくに果たされているのだから」
 青年の、彼の、あの人の影が遠ざかる。
 少女の現実と視界が、ぐらりと大きく傾いた。
 
 少女にはそれがわからなかった。
 『悲しい』という感情が。
 彼は少女に話し続けた。悲しみを内包した物語。
 けれど結局、少女がそれを知ることはなかった。
 だから少女は、わけもわからず彼を埋めた。零した歌が涙の代わりだと、その意味もわからずに。
 必ず帰ってくるからと。
その約束だけがこびりついた。
 
 本当は知っていた。
 あの人の行方。約束の意味。
 倒れこんだ少女を、青年は慌てて抱きとめた。けれど、少女の意識はすでに危うく、青年は、彼女が当の昔に壊れていたことを知った。
 矛盾したデータ。上書きを繰り返すファイル。少女の記憶はあべこべで、自分が祈りを捧げるものが、彼の墓石であることにすら気づけなかった。繋げていたのは、ただあの約束という細い糸。
「本当はね、知っていたのよ。だけどどうしても。約束だけは果たしたかった」
 彼は約束してくれた。いつか、君のその歌に、詞をつけてあげようと。それは果たされないままで、少女は彼を待ち続けた。
「いずれわかると信じてた。そして、わかったから。真実と一緒に、この胸の痛みが『悲しみ』なんだとわかったから」
 だからもういいの。と、少女は目を空ろにさせた。
 青年の声が耳に、ぼんやりと届く。頭の中ではすでに、機能が停止することを告げている。そんな空ろな意識の中で、少女は自分に付き添ってくれた彼に、最期の笑みを向けた。
「ねえ、マスター……?やっと帰ってきてくれたのね」
 少女が最期に聴いたものは。
 そうだよという優しいあの人の声だった。
 
「その子は、死んでしまったんですか?」
 男は首を縦にも、横にも振らない。
「生きてはいない。だけれど、繋がっている」
 その意味がわからずに、少女は首を傾げたが、男はさぁメイコ、と笑って少女の背を押した。
「そろそろ郵便の時間だよ。とってきてくれるかい?」
 少女ははい、と素直に答えた。去っていく少女の背に、男の、本当は、髪も残してあげたかったんだが。という台詞がぽつりと漏らされる。少女が扉を開けた時、強い日差しの中に駆けてゆく少女が、無意識に口ずさんだ歌が彼の耳に届いた。
「――……あぁ、例え上書きをされても、消えない記録もあるのだな」
 そんな風にぽつりと呟くと、また机に向かい始めた。