出原弘之

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出典: 無用百科事典『数寄ペディア(Sukipedia)』

出原弘之(いではら ひろゆき、1935-2006?年)は、岡山県倉敷市出身のテレビプロデューサー。その容貌から「ゴリラ」とあだ名された。

慶應義塾大学卒業後、新聞記者となるが、実際の仕事の内容が期待していたものと違っていたため退社。1959年に名古屋の東海テレビ放送(フジテレビ系列)に入社する。考査課、報道記者を経て、1963年、東京支社の編成課に移る。

おりから東京オリンピックを翌年に控え、オリンピック取材に追われていたフジテレビが東海テレビに番組制作を依頼。もともとドラマ志望だった出原がこれを好機に連続ドラマの制作を提案する。こうして生まれた「雪燃え」(1964年)は現在も続く午後1時30分からの帯ドラマシリーズの第1作となる。以来、このシリーズにプロデューサーまたは企画としてかかわった。

1992年にゼネラルプロデューサーとなり、現場から退いて後進の指導・育成に当たる。1999年には35年続く帯ドラマシリーズの創始者としての功績が認められ、社団法人全日本テレビ番組製作社連盟(ATP)からATP個人賞を贈られた1。この同じ年には同シリーズがエランドール賞(日本映画プロデューサー協会選定)特別賞を受賞している。

2003年に東海テレビを定年退社2

植木等主演の単発ドラマ「名古屋嫁入り物語」シリーズ(1989-1998年)も企画している。

北海道大学恵迪寮で準寮歌として歌われた「酒、歌、煙草、また女」は、出原が大学時代に慶應義塾出身の佐藤春夫による同名の詩に曲をつけたもの。

出典

  1. 東海テレビお昼のドラマがまたまた快挙!出原弘之ゼネラルプロデューサーが第16回ATP賞 '99で“個人賞”を受賞!! - フジテレビ知っ得情報
  2. かっちゃまねっと - その頃、その時 9 - 奥村 正彦 - エッセイ