※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コンフィグ実践

ここでは便利はコンフィグの設定を紹介していきます。
そのままあなたのコンフィグファイルに書き込んで使えます。

 

画面の揺れをなくす

set cg_bobroll "0.000"
set cg_bobpitch "0.000"
set cg_bobup "0.000"
set cg_runroll "0.000"
set cg_runpitch "0.000"

 

FPS値を表示させる

set cg_drawFPS "1"

 

銃を非表示にする

set cg_drawgun "0"

 

視野角を変更する

set cg_fov "x"
xのところに80-100の間で好きな値を入れてください。
基本的に低fovは遠距離に強く、高fovは近距離に強いです。

 

照準の大きさを変更する

set cg_crosshairSize "x"
xのところに0-1000の間で好きな値を入れてください。
解像度によっては小さすぎると照準が見えなくなってしまうようです。初期値:24

 

照準の色を変更する

set cg_crosshairRGBA "r,g,b,a"
r,g,b,aのところに0.0-1.0の間で好きな値を入れてください。
値はそれぞれ赤、緑、青、透明度を表します。例:"1,0,0,1"(真っ赤)
set cg_crooshairFriendRGBA "r,g,b,a"
こちらは味方に照準を合わせたときの照準の色の設定です。例:"0,1,1,1"(シアン)

 

 リフレッシュレートを変更する

set r_displayrefresh "x"
デフォルトで60になっているリフレッシュレートを変更できます。
xにモニタのリフレッシュレートを入れてください。

 

デモ録画トグルスクリプト

seta rec "g_synchronousclients 1 ; wait ; record ; wait ; g_synchronousclients 0 ; set n_rd vstr st"
seta st "stoprecord ; set n_rd vstr rec"
seta n_rd "vstr rec"
bind [key] "vstr n_rd"
demoの録画・停止をひとつのキーで済ませることができます。[key]に割り当てるキーを入れてください。